ホーム>Rio Pies' Blog>2014年12月

2014年12月

幸福度を上げるお店、Rio Pies

お世話になります。

お世話になります。

お世話になりました。

年内最後の営業は、曇りの一日。

今日は、大掃除を予定していたので冷凍ミートパイの販売のみとNWESで告知を。

それでも、少しだけ焼き立てを準備していた。

しっかりと、見透かされていましたな。

思いもしなくリピーターさんが数組ご来店。

今年、マウンテンバイクを購入させて頂いた京都の自転車屋さんのオーナーとそのお客さん3名も。

マウンテンバイクの調子にも気遣っていただきましたが、おやじも普通の人。

どうもこの寒さではなかなかペダルを漕ぐ気力が失せ、お店の薪ストーブのシモベとなってしまっている。

昨日は、閉店後に「i-Forest  Club」の忘年会を開催。

幸福度1,000%達成!

飲み過ぎたおやじは、クラブのメンバーと薪ストーブの横で朝を迎えるハメに。

忘年会では、「WOOD JOB」を上映した。

今年は「〇〇雪」の影響で影が薄くなってしまったが、おやじ的にはNO.1だ。

あの海猿の伊藤英明、そして長澤まさみ、今話題の寄生獣の染谷将太の豪華メンバーが出演。

なんたって、ちょっと自慢したいのが伊藤英明氏が映画で乗っていたランクルは

おやじの30年来の友人が提供していたもの。

林業をテーマにした映画の中に、充実した幸せが満ちていた。

今一番大事なものは、幸福度。

日常の幸福度を上げるお店、Rio Piesは来年も突っ走ります。

今年も、ご来店そしてお取り寄せを頂きまして誠にありがとうございました。

 

 

鬼の笑い声

お世話になります。

冬型のお天気、夕方から雨もポツリポツリ。

もう今年も終わりだが正月がやってくる実感が全くない。

昔のように時を味わう余裕がなくなった。

昨日・今日と何故だかリピーターの自転車のお客さんが続いた。

連鎖を実感した年だったような。

土曜日は、地元の自転車屋さんとそのお客さんがご来店。

いつもは自転車屋さんのお店でやっているパンク修理の講習を店内でやっていただいた。

何があるか分からない道中、やっぱり一人で直せて一人前。

そして、今日の自転車のお客さんはお車で大阪から。

彼女とドライブデートで立ち寄っていただいた。

初来店の彼女も自転車ガール。

今度は自転車で来ますと力強いお言葉を頂きました。

来年は、自転車を楽しむことを第一にしたイベントもやってみたいもの。

名づけて「ママチャリありのRio Pies Cup」だ。

鬼の笑い声が聞こえる。

来年は来年、それなりにそれなりに。

明日・明後日の営業で本年打ち止め。

年始は3日より。

ということは、一週間後はすでに仕事。

ありがたや、ありがたや・・・・・・・・・・・トホホ。

 

 

 

 

 

ミートパイの食べ納め

お世話になります。

冬空に、昼間は眩しい青空が覗いていた。

午後からは、灰色に変わった。

お店の中は薪ストーブのおかげでヌクヌクだ。

外は、なんだかんだ春まで寒い。

昨日・一昨日と今晩頂きますとテイクアウトして頂いた。

ネットでもお店でも、クリスマスのためにミートパイを特別扱いして頂けたのは素直にうれしいところ。

クリスマスの定番になる素質は十分ですな。

それが分かったことがサンタさんからのプレゼント。

今日のテイクアウトのお客さんと話したところ、やっぱりオーストラリア経験者。

警戒なく手作りビールキットの話にも耳を傾けていただけた。

来年もまた一人、手作りビール党が増えるかな。

今年も残すところ・・・・・。

週末は、ミートパイの食べ納めにお越しください。

そして年越し用にお持ち帰りもどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

ヒストリーはあります

お世話になります。

晴れたり曇ったりの寒い一日。

一昨日は東京から、昨日は甲子園からご遠方さんにお越しいただきました。

お帰りには、しっかりとお土産も。

今日は大阪、そして地元は地元お店のある田上からお母さんと娘さんの親子でご来店。

閉店間際には、大学生と教授御一行様。

薪ストーブの柔らかな暖かさに、皆さんとろけた顔をされていましたな。

一番とろけた顔をしているのは、言わずと知れたこのおやじ。

学生さんとの話で、一人の女の子はタスマニアのホバートに一年間留学していたという。

一人の男の子は、「なっちゃんレラ」に乗ったことがあるという。

「なっちゃんレラ」とは、かつて青森・函館間に就航した世界最大級の高速フェリーだ。

タスマニアで建造され、船内のカフェでは当店のミートパイを販売して頂いた。

建造中に、オーストラリア大使館からお電話を頂き実現した懐かしい思い出だ。

残念ながら、東南アジアに売却されたそうな。

ご来店いただくお客さんから、同種のご質問いただく。

話せば明日の朝になりますよとハショリにハショッてお応えするが、

Rio  Piesにはストーリーとヒストリーがぎっしりと詰まっている。

そんな、ぎっしりと具の詰まったミートパイを食べに来てください。

30日まで突っ走ります。

ゆず風呂も、カボチャもありませんでした。

でも、ヒストリーはあります。

 

 

 

 

 

 

 

寒い日は、ミートパイ

お世話になります。

朝一番の更新。

玄関のドアを開けると、銀世界。

今日は、閑古鳥と一緒にお店で戯れることで決まりですな。

昨日は、厳しい寒さと強風にも拘らずまずまずのご来店。

リピーターさんが大阪・京都からも。

何よりも嬉しかったのが、数年来のリピーターさんに手作りビールキットをご購入いただいたこと。

出会って5年ぐらいは経つ、ニュージーランドの経験があることも当初お聞かせいただいていた。

ずーっと欲しかったビールキットを、自分用のクリスマスプレゼントに。

もーそれはそれは、小躍りしながらお店を後にされました。

寒いこの時期だからこそ、ニンマリと手作りビールについてのことをあれこれ想像するのは最高のヨロコビ。

こんな寒い日は、熱々ミートパイを食べてホッコリするに限ります。

いかがですか、ミートパイのお取り寄せ。

それでは、今日もせっせとミートパイ作りに精を出します。

 

ミートパイを刷り込んでみせませう

お世話になります。

珍しく、午前中に更新。

曇り、気温もそこそこ。

先週末は、寒波到来ということで慌ててタイヤ交換した。

しっかり準備をすれば雪は降りませんな。

土曜・日曜もバイクでご来店。

日曜は大阪から自転車でも。

昨日は四人家族でお越しのお客さんとゆっくりお話しできた。

ご夫婦と、まだ小学校には上がらないカワイイ姉妹だ。

新婚旅行先がオーストラリア、機内食でミートパイ。

そして現地でも、数回食べましたよと。

ご夫婦にとって、ミートパイは思い出の味になりました。

短期の旅行では、なかなかめぐり合うことのない食べ物ですから

これはかなり珍しいケースとおやじは思います。

ある程度長期滞在して、いつの間にか刷り込まれて帰国してから妙に

食べたくなるケースが圧倒的に多い。

刷り込みは、特に鳥類を例えて解説され生後ごく早い時期の学習は一生続くと。

生後目にした物体を親と認識する話は有名だ。

大人と違い、近所の子供たちがちょくちょく来てくれるのもその影響が大きいのだろう。

今年も、お店でもネットでも刷り込まれたリーピーターさんに支えて頂きました。

どーも、ありがとうございました。

次はあなたの番。

ミートパイを刷り込んでみせませう。

手作りビールもあるでよ!

 

 

 

クリスマスミートパイはあります!

お世話になります。

雨模様の一日、夕方には一段落。

寒さも平年並み。

今週に入って、お店では冷凍のミートパイをまとめ買いして頂いている。

大きな保冷バッグ持参の方も。

ネットでも、お歳暮・クリスマスにご注文が増えておりますな。

ニッポンの新常識、「クリスマスにはミートパイ!」

火曜日の定休日には、お約束していた茨城県の那須からお越しの二人組とゆっくりとお話が出来た。

その一人の方の知り合い2人を偶然にもおやじも会ったことがある。

エッと驚く奇跡が世の中には存在する。

ミートパイって何なのと、エッと驚かれていたがそうでもなくなっている。

ミートパイ屋を志した20年も前からバレンタインチョコのようにクリスマスミートパイを定着させたいという夢。

やっと時代がついてきたか。

エッと驚くことが普通になっていく現代。

心の中で叫ぶおやじ「クリスマスミートパイはあります!」

 

 

異文化体験のすすめ

お世話になります。

寒さも昨日同様、まだまだ真冬並みの寒さに程遠い。

お店の中は、薪ストーブのおかげで快適過ぎるくらい快適だ。

日差しのある午前中が気が付けば曇り空に変わっていた。

今日は、京都からのお越しのお客さんが多かった様な。

数組来られた最後の京都からのご家族とゆっくりとお話が出来ましたな。

味、店の雰囲気とも絶賛して頂いた。

それは非日常の異文化空間を体験することによる軽い錯覚かとおやじは思うのだが。

その異文化体験をするために、お昼過ぎに茨城県の那須からお電話を頂きお越し頂くお話に。

嬉しいやら、わざわざのお越しに恐縮するやら複雑な気持ちの情熱ミートパイおやじです。

大津の片田舎、一般的には僻地扱いのお店なのでお越し頂くお客さんは神様そのもの。

ありがたや、ありがたや。

明日も神様のお越しを願うおやじです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーストラリア通

お世話になります。

午前中は青空も、午後からは曇り模様の一日。

だんだんと、寒くて当たり前と思えるようになってきた。

今日は、親子でお越しのリピーターさんと充実したおしゃべりタイムでしたな。

お母さんと娘さんは大のオーストラリア通。

お母さんはもう20回以上も滞在経験が。

ダーウィンにも3回行きましたと。

もちろんタスマニアにも。

店に来られるお客さんでもダーウィンの経験者はそうはいない。

おやじも、ケアンズ・シドニーそしてエアーズロック程度だ。

いつかは訪ねてみたいのがパースとタスマニア。

本場オーストラリアでも食べることのなかった、焼き立て熱々のミートパイ。

お店で食べられることに、いと感激されました。

どうぞ、貴方もオーストラリアでの貴重な体験をおやじに聞かせに来てください。

オーストラリア通、この店とまれ!

 

 

 

 

はやぶさ

お世話になります。

ぐっと寒くなりました。

いよいよ冬に突入した感。

それでも寒さをぶっ飛ばし、バイクでご来店。

女性がハーレー、男性が隼。

しっかりとミートパイと薪ストーブのエナジーを補給してお店を後に。

女子会2組も、居心地の良さにまったりと過ごされましたな。

閉店間際には、手作りビール党の常連さんも。

いつものように仲良くご夫婦で。

一ヶ月程前に来られたと思っていたら、今回もモルト缶を5缶ご購入。

嬉しそうに、息子夫婦のためにせっせと作っているとか。

今日はなんたってはやぶさ2の打ち上げ成功のニュースだ。

先代がボロボロになっても最後は燃え尽きながらも任務を遂行した。

みんなの好きなストーリーは、おやじも大好きなのです。

よし、次のスペシャル手作りビールの命名はhayabusaⅢで決まり。

hayabusaⅠもhayabusaⅡも作っていないのに。

 

 

 

 

 

ページ上部へ