ホーム>Rio Pies' Blog>2016年9月

2016年9月

湖南アルプスはいかがですか

お世話になります。

今朝もはよから、せっせとミートパイ作りに精を出すおやじ。

このところ、ずーっとお天道様に見放されたお天気ですな。

一仕事終えての一服、見上げれば久しぶりの青空。

畑を見回して感じたことがある。

生育が良くない、例年になく良くない。

9月の中旬以降の日照時間が平年の半分以下、1961年に統計を取り始めて最悪とか。

どうしても災害の大きな台風に目が向かうが、これはこれで一大事。

農作物は大打撃・・・・・・・野菜高騰か。

畑をやり始めて、よーく分かったこと。

お日様が当たらないと農作物は成長しないという当たり前のこと。

食料を生産できなくなると、人間の命も維持できなる。

畑を耕すのは大変だ。

もっと気軽に楽しめるのが、この夏から始めた水耕栽培だ。

おやじの大好きなTED、暇つぶしにどうぞ。https://www.ted.com/talks/britta_riley_a_garden_in_my_apartment?language=ja#t-79707

お家の窓辺がおしゃれな菜園になって、ワンランク日常が上がる。

遊四季会議は、楽四季経験者の仲間を募集しています。

今秋は湖南アルプスを満喫しませんか。

登山、トレラン、ハイキング、かるーい散歩だって自然の中で遊ぶと気分も最高。

もちろん帰りは、ミートパイと手作りビールが待っている。

それでは、今日も大学でミートパイの販売にいざ出陣!

 

冬の入り口

お世話になります。

夜中に降っていた雨も、今朝には止んでいた。

この土日も、秋晴れには程遠いお天気でしたな。

それでも、両日とも初来店の自転車とバイクのお客さんがお越しになりました。

今週末は湖南アルプスの山登り御一行17名様の予約もいただいた。

ミートパイもそうだが、手作りビールの試飲も楽しみとか。

おやじの口癖「お家でビールを作るなんて、世界の常識!」

今秋こそは、世界の常識を身につけましょう。

この時期は田んぼの畔のヒガンバナの赤が目を引く。

少しづつ少しづつ季節が動いていることを実感しつつ、深まっていく秋を楽しみたい。

薪ストーブの時期も目の前に迫っている。

天気のいい日、そろそろ屋根に上がって煙突掃除をせねば。

チロチロ燃える薪ストーブの前に陣取って、手作りビールと手作りの男のつまみ。

想像しただけで・・・・・・・ヒッヒッヒッが止まらない。

冬の入り口が見えてきた。

 

 

 

 

 

 

 

香りの秋を楽しむのだ

お世話になります。

青空が見えたものの、どんより模様の一日でした。

めずらしく閉店間際に更新ですな。

ずーっと長雨が続いていた。

雨に打たれて、畑の苗も気になるところ。

か細いにんじんは致命的かもしれない。

子ガメのイシガメたちは元気いっぱいだ。

昨日、一頭が里親に引き取られた。

今日は、ちょっとした冊子の取材を受けた。

”近江うまいもの紀行”で取り上げていただく。

ありがたい、滋賀の代表選手に選ばれたような。

この夏にも、大阪から3家族で長浜の黒壁の帰りに立ち寄っていただいた。

滋賀といえばミートパイ・・・・・・・じわじわと浸透するのが一番。

取材していただくする30分前にも福井からお越しに。

記者との話は、いつもの悪い癖でミートパイから脱線してしまう。

山登りが好きな女性記者とも話がかみ合い、最終的には環境問題に。

イシガメの師匠にも教えられたことだが、絶滅しそうな動物を守れなくて人間だけが生き延びられることはない。

そんなことを考えながらのミートパイ屋さんだと、記者の方にも分かっていただけた。

「News」でもお知らせしていますが25日(日)は14時までの営業となっておりますのでお気を付けください。

友人のアメリカ人陶芸家宅でライブがあり、ミートパイの出張販売を。

この秋は、ミートパイと共に文化の香りがしてきそう。

おまけに、沢庵の香りも。

 

 

 

 

うーん、うまい、もう一個

お世話になります。

夜明け前、お店に着いて仕事開始前に更新。

外は真っ暗、白々と夜が明けないと体もしゃんとしませんな。

昨日、閉店間際に手作りビールの瓶詰作業をちょちょいのちょいとやっつけた。

発酵容器の底に溜まったドロドロのビール粕、栄養満点で捨てるのはもったいない。

美味しいものではない。

昔はどこかで聞いたように、「うーん、まずい、もう一杯」と飲んでいたが。

最近は畑に撒いている。

昨日のビール粕は、コップ一杯だけ冷蔵庫に入れておいた。

そう、今朝はお店に着くなり「うーん・・・・・・・・・・」だった。

たっぷりとビール酵母の塊を摂取したおやじは、今日も絶好調で頑張れるはず。

いよいよ来週からは、大学でのミートパイの販売がはじまる。

寒くなるので、しっかり体調管理しなければいけない。

白々と夜が明けてきた。

仕事開始だ。

「うーん、うまい、もう一個」と言われるミートパイになるよう、今日も仕事に精を出すのだ。

 

心の奥底に響くミートパイ

お世話になります。

今朝も日の出とともに行動。

今週はすっきりしない天気が続いていますな。

一仕事終えての一服、ツクツクボウシが小気味良いリズムを奏でている。

ついでに手作りビールのエアロックからも軽快にポコポコ。

畑のナスが復活して秋ナスを楽しんでいるが、同様に唐辛子もがんばっている。

今年初めて青唐辛子の醤油漬けを覚えた。

ジャワ唐辛子を含めて6・7本ビン詰にした。

たまらなく旨い。

炊き立てのご飯のお供、豆腐にのせても、さっと焼いた肉とともに、手作りビールが止まらない。

もう2本ほど漬けて、来シーズンまで大事に食べるつもりだ。

そして来年は、もう少し多く栽培して遠慮しながらではなく気兼ねなく食べるのだ。

今年初チャレンジした梅干し作り、同様に沢庵も作ろうとしている。

ついでに畑にはこれから高菜も植える予定だ。

もちろん高菜漬けが食べたいからだ。

おやじの心の奥底に響く味を自分で作ってみたい。

お金を出せば何でも手に入る時代、それでは味気ない気がする。

在住経験でミートパイは、オヤジにとって心の奥底に響く味になっていた。

それが食べたくて、はじめたミートパイ屋だ。

お店には、忘れた頃にひょこんと来られるリピーターさんも多い。

「また食べたいなぁ」と思われるミートパイを作り続けたいなぁと思う今朝だった。

おやじの秋の休日

お世話になります。

定休日の朝、それでもお店に夜明け前に来てはゴソゴソ。

ゴソゴソ好きが止まりませんな。

今日は雨模様の一日になりそうなので、楽しみにしていたカヌーでの川下りを中止した。

カヌー、自転車、マウンテンランのアドベンチャーレースの下見を兼ねてだった。

いつかは琵琶湖と湖南アルプスを舞台にワールドチャンピオンシップが開催される・・・・かも。

おやじのイシガメの師匠、子ガメがたくさん生まれ1頭はいただいたがもう4頭ほど今週末にやってくる。

環境省レッドリストにも載る準絶滅危惧種だ。

ちょっと見てみたいなーとか、大事に飼ってみたいなーと思う方はお気軽にお店まで。

アドベンチャーレースを通して環境問題に関心を持ったり、絶滅危惧種の保護活動など遊四季者会議は今日も行く。

川下りの仲間も、イシガメの師匠ももちろん手作りビール派、自産自消のエコビール・・・・・・・わかってらっしゃる。

おやじの今日の任務は、先週仕込んだビールのボトリングと間髪入れずに次の仕込み。

これから寒くなるまでは常温で管理ができるので手作りビール派が喜ぶ季節である。

秋のごちそうと手作りビール、もう一丁おまけにミートパイで夏の疲れを癒すのだ。

畑の大根もすくすく育っています。

順調にいけば70本ほど収穫。

50本ほどを沢庵に。

捕らぬ大根の沢庵算用。

おでんも楽しみ。

 

オオヨロコビできるミートパイ屋

お世話になります。

白々と夜が明けてきた。

この夏最後の麦茶を沸かし、熱々麦茶と自家製梅干しのおにぎり。

しみじみと、ほっこりですな。

昨日に続き、今日も天気は良さそう。

自転車、バイクのお客さんが増えそうな。

一昨日の激しい雨、お店では今季初。

同じ大津市でも、この辺りはずーっと日照り状態が続いていた。

お店の裏の川も農業用の水路を確保するため、本線は干上がり小さな水たまりに残った魚がうじゃうじゃと。

カラスやら白鷺の餌食になっていたところを、里山のメンバーと救出作戦を行った。

お店のタライで飼っているが、たまにおやじはカメのエサにしている。どっちがよかったか。

昨日も、初来店のお客さん2組におやじの解説付きのイシガメ鑑賞を。

お店の入り口にある大きなゼラニウム、深紅の花が咲き誇ると結構評判良く皆さんに褒めていただく。

そのゼラニウムを挿し木にして30ポットほど作ってみた。

これもおやじ初挑戦の試みだ。

格安です、どうぞ来店記念にご購入を。

動植物のお世話をしていると、オーバーにいうと地球規模で自然界の営みが見えてくる。

もう少し人間も我慢するということを学ばなくてはいけません。

「遊四季者会議」 昨日のお客さんに大変ウケしました。

入会資格は、楽四季経験者(がくしきけいけんしゃ)と聞いて手をたたいてオオヨロコビ。

週末は、オオヨロコビしにRio Piesへ行ってみよう。

 

 

 

昔ながらのミートパイ

お世話になります。

夜明け前、一仕事終えての一服。

久々の更新ですが、おかげさまで元気はつらつですな。

この夏も、お休みを利用してご遠方より沢山の方にお越しいただき誠にありがとうございました。

毎日せっせとミートパイ作りに励み、合間を見ては畑仕事の充実した日々。

石亀ファミリーも3匹に増え、おやじは麦藁帽をかぶりエサにするカエルやらセミを捕る少年に戻っておりました。

マイブームとして、昔ながらにこだわり梅干し作りにも初挑戦。

毎朝、麦茶も沸かし昔を懐かしんでいる。

一昨日は、麦茶を使って手作りビールも仕込んでみた。

大根栽培用の畑を作り、目標50本の沢庵を漬けようと1週間前に種をまいた。

昔ながらの沢庵が食べたいのである。

思い起こせば、昔に食べたミートパイが食べたくてミートパイ屋をはじめた。

忙しい現代、田上のお店はゆったりと時間が流れています。

昔ながらのミートパイ、どうぞ召し上がれ。

ページ上部へ