ホーム>Rio Pies' Blog>2016年10月

2016年10月

怪しいおやじのミートパイ

お世話になります。

今朝も仕事開始の前に更新。

昨夜の雨も上がり回復方向、早くも週末張り切って行きますかな。

この時期ニュースはハロウィンが賑わす。

すっかり風物詩として定着、特に若者たちがおバカさん化しているようにしかおやじには見えない。

躍らせるのではなく、日本発新しいお祭りを作って世界に発信できる想像力とエネルギーが欲しい。

与えられて遊ぶ人、遊びを創造していく人その違いは・・・・・。

ハロウィンと言えばカボチャだが、お店の2階で新聞紙を広げカボチャのタネを乾かしている。

その他、畑で収穫した野菜のタネを乾かしいるが来年を想像するだけでワクワク。

昨日は、極秘入手したホップのタネを蒔いた。

とりあえず4粒、時期をずらして数回に分けて苗を作る計画だ。

計画自体が種のようなものなので、大きなプロジェクトとなるよう育ててみたい。

大麻の栽培は手が後ろに回るが、ホップの栽培は健全だ。

「えっ、ホップの栽培」怪しさは十分にある。

怪しいおやじが怪しいものを栽培しているらしいと、怪しい情報が独り歩きせぬように。

それでは、そろそろ仕事開始だ、せっせと美味しいミートパイを作るとしよう。

週末は、怪しいおやじのミートパイでお楽しみください。

ミートパイは怪しくない、ただ美味しいだけ。

 

 

 

偏屈おやじのミートパイ

お世話になります。

今朝はお月様も星も見えない、暑い雲で覆われている。

これぞ秋の空という、抜けるように高く青い空が昔に比べて減った。

今日はお店での営業、仕事前の更新ですな。

両親は、もう他界している。

母は、父のことを「唐人だ」「偏屈男だ」と口癖のように言っていた。

ボブディランの動向が注目されている中、おやじはあの偏屈さがノーベル級だと思っている。

おやじも、父の血を受け継いで偏屈ぶりが時々頭をもたげる。

はっきりと分かった、偏屈さに磨きをかけるのだと。

それにしても野菜が高い、これからは畑での栽培は生育が悪い。

薪ストーブで温かくなるお店の中で水耕栽培だ。

葉物野菜を中心に育ててみたい。

野菜が高いから自分で作る、これは偏屈ではない。

偏屈おやじが作るミートパイは、万人受けするミートパイです。

どうぞ、警戒しないでお店にお越しください。

偏屈ウィルス感染注意!

 

 

 

 

 

寒くなったり、暑くなったり

お世話になります。

堂山の上に、キリッと上弦の月そして星たちも負けずに輝いている。

体と頭を起こす準備体操の更新ですな。

昨日は暑かった、一日Tシャツで過ごせた。

書き忘れていたが、薪ストーブの火入れ式はあっけなく終わっている。

先週土曜日、お天気情報通りに気温は上がらず肌寒い。

イシガメの師匠と話してるうちに、火を付けますかという軽いノリで着火。

その日、ブログのファンのリピーターさんが「火入れ式ですね」と。

薪ストーブに手をかざし、「もう温かさが心地いい季節になって」と笑顔で。

それが昨日はTシャツ、油断をすると風邪をひいてしまう。

風邪は万病野のもと、皆さんも気を付けましょう。

10月も終わり、いよいよ来月はアメリカズカップのワールドシリーズが博多で行われる。

ぜんぜん騒がれてないが、先週か先々週に新聞の株価の経済欄の小さな記事に取り上げられていた。

正当にスポーツ欄ではないのが、ちょっと残念。

「海のF1」「キングオブスポーツ」とまで書かれているが・・・・・知る人は少ない。

日本がこのスポーツにチャレンジする意義は大きい。

自国で建造しなければいけないルールということは、日本人が得意とする創意工夫する技術が取り入れられる。

かつて世界を席巻したF1での本田のように、日の丸テクノロジーを炸裂させる可能性が大きい有利なスポーツだ。

これに限らず、オリンピックそして数々のイベントはお金が掛かり過ぎ。

また熱くなり過ぎた、そろそろ仕事開始だ。

今日も大学での販売、週末はお金の掛からない庶民の食べ物ミートパイでお楽しみを。

地味なイシガメ飼育もお金が掛からず、心がぐぐっと豊かになります。

ついでに、手作りビールも。

 

 

おやじ、サルウメに感激

お世話になります。

昨日は、スカッと青空の秋晴れの一日だったのに。

今朝は曇り空、そして下り坂ですな。

ぽつぽつと降りだしたような。

先週末は、素晴らしいイシガメ日和でした。

頭数も増えて、来年の子ガメの誕生が期待できる準備が出来ました。

おやじのイシガメの師匠と里山クラブのS氏と3人で、子供のようにオオヨロコビの図。

日曜のお客さんの中にも、昔イシガメを飼っていましたと。

世間はメダカブームらしいが、わしらはイシガメですたい。

昨日、思いもよらず小さく心の中でガッツポーズ。

昨日も大学での販売、暇つぶしに新聞を読んでいる。

読者の投稿欄に、申年の梅干しは「ええのや」ということが載っていた。

まったく意味不明、早速調べてみると申年に収穫された梅は申梅と言って大変縁起がいいものだと知った。

人生初、今年は梅干し作りにチャレンジしたおやじとしては、これから何となく幸運がやって来るのではないかと・・・。

申梅、サルウメの響きが粋だ。

太宰府天満宮の神木、飛梅(トビウメ)みたいでカッコイイ。

この歳になっても、まだまだ初めて目にするもの聞くものが沢山ある。

お店には、初めて食せるミートパイがあったり手作りビールがあったり摩訶不思議な世界があります。

イシガメのお話も、アメリカズカップのお話もちょこっとできます。

食欲の秋、文化の秋、一度ご来店ください。

今日も梅干しのタネをしゃぶりつくすのさ。

 

煙突掃除完了

お世話になります。

まったく秋の気配がない。

日の暮れは早いものの、夏の終わりの感じですな。

ちょっと動けば汗、ついでに冷や汗もかいた一日でした。

朝から、今日は薪ストーブの煙突掃除をしようと決めていた。

もう一月もすれば、寒い寒いが口から自然に出てしまう。

とにかく安全第一、大屋根に登るので転げ落ちないよう毎年気合を入れて作業する。

ヒヤッとすることなく無事完了。

大屋根のてっぺんは爽快、これが本当の上から目線。

もう30年も昔、三重県に住んでいた頃この秋空をハンググライダーで飛んでいた。

大屋根のてっぺんで、ふと昔を懐かしんで思い出した。

家も車も豆粒・米粒のように見えた。

あれが本当の超上から目線。

今どきの見下したような使い方は、けしからん。

薪ストーブの火入れ式はいつでもOKだ。

来年桜が咲くころまで、しっかりとお店とオヤジの心を温めてくれる。

いつでもおやじは下から目線、お気軽にお越しを。

早く火遊びがしたい。

 

 

 

田上の見張り塔からずっと

お世話になります。

今朝も4時過ぎにはお店に到着。

夜空を見上げれば、これまたお月様の美しいこと美しいこと。

雲と星とお月様、湖南アルプスの稜線がクッキリですな。

日曜日にボトリングした生ホップ仕込みの手作りビールも順調に2次発酵中だ。

そろそろ仲間たちと怪しい宴をやらなくては。

先日、冊子の取材を受け出来上がったものが送られてきた。

表紙には「YumeKen」とある。

滋賀県の建設業協会が発行しているものだ。

2016秋号の近江うまいもの紀行はオーストラリアミートパイ。

今年のノーベル文学賞はボブディラン。

格が違いすぎるが、一部の人に支持されているという事実。

おやじも若いころからボブディランのアルバムを買ったり自叙伝を読んでいたので、その価値が認められたことはうれしい。

よほど審査員の中に熱狂的なファンがいたに違いない。

おやじはいつも田上の見張り塔からずっとミートパイを求めるさすらい人を待っている。

手作りビールにチャレンジしてみたいな~という人も待っている。

遊四季者会議に入りたいな~という人も・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

おやじは毎日がプレミアム

お世話になります。

だんだんと、起きるのが辛くなりはじめる季節。

夜明け前、お店に着くとビィ~~っと鹿が鳴いている。

星空が美しいですな。

金曜日、土曜日と空を見上げてお月様の美しさに感動している。

「お前、この頃汚くなったなぁ」と言われているよう。

地球の気候は大きく変動してしまった。

あの天高い秋の空は、どこへ行ってしまったのか。

昨夜も、綺麗なお月様を愛でながら手作りビールで漂流した。

小さな何気ない日常が、ググッとプレミアムになってしまう。

昨日も、モルト缶を買いに仲間が来た。

この時期は温度管理が楽なので作りだめするに限る。

体と頭が起きたところで、仕事開始だ。

今日の出会いが楽しみだ、そんなことをちょこっと考えるだけで毎日がプレミアム。

またお天気が下り坂らしい・・・・・なんだかなぁ~。

ミートパイ食べに、いらっしゃいませ~~~。

 

 

 

 

 

 

ミートパイを食べると・・・・・

お世話になります。

夜明け前、自宅を出る時は激しい雨が降っていた。

一仕事終えて、空を見上げると曇りながら回復の方向に向かっておりますな。

開店前に、散歩がてらひょこっとお客さん。

話をすれば、サンフランシスコで行われた前回のアメリカズカップを観てきたという。

おやじのテンションメーターが振り切れそうに。

昨日は、我らが里山クラブのドイツ人のお頭と1年ぶりの再会。

その前には、スペイン人の旦那さんを連れて地元田上から初来店。

お昼には2年ぶりくらいでカナダ人も、ドイツ人とも面識があったので二人で交流も。

昨日・今朝と国際色豊かな情報に触れると、ボケたおやじには良い刺激になります。

類は友を呼ぶではないが、昨日もビール仲間が示し合わせたわけもなくお店で遭遇。

話が尽きない、そして里親としてイシガメの子ガメも引き取っていただいた。

何だか、面白そうな予感がしてくる。

そう、ミートパイを食べるといい予感がするのだ。

明日は、いいお天気になりそうですよ。

手ぐすねを引くおやじの図。

 

 

 

 

ミートパイの秋

お世話になります。

今朝は、一番の涼しさ、青空も最高。

まだまだ、寒いと言ってはいけませんな。

昨日仕込んだ手作りビールも、控えめにポコッ・・・・ポコッ・・・・エアロックから。

明日辺りは、いいリズムを奏で始めるだろう。

一仕事終え、カメのタライを洗って一休み。

火が恋しくなる日もそこまで来ている。

薪ストーブの季節が待ち遠しい。

その前に、煙突掃除が待っていけど。

何度も書いているが、薪はエネルギーの塊だ。

薪というより、木そのものが太陽と大地からのエネルギーを蓄えている。

以前、お店でやったった再生可能エネルギーの勉強会が思い出される。

今日はこちらでお楽しください。http://video.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&dd=1&p=wood+job

おやじの30年来の三重の友人が、制作にすごーく協力している。

そうそう食欲の秋、ミートパイでも食べながら鑑賞するともうたまらん。

迷わず、お取り寄せへGo。

たまには、営業営業。

今日も、秋晴れのキャンパスでミートパイを売るのだ。

一般の方も大学、入れますよ・・・・・・・・へへへっ。

 

 

 台風一過仕込み

お世話になります。

ほとんど台風の影響もなく、通り過ぎた。

来る前のヤキモキした気分も、今朝の青空を見上げるとスッキリしますな。

昨夜はケータイに懐かしい声が掛かってきた。

わしらがIFC(アイ・フォレスト・クラブ)のおかしらであるドイツ人である。

いよいよ今秋から活動開始か?

土曜日、お店での再会が楽しみだ。

明日は大学での販売なので、午後から手作りビールを仕込む。

名付けて、「台風一過仕込み」。

今年の春先に、数人にホップの地下茎を進呈していた。

熱心な一人の方は、たったの20cmの地下茎から想像を超えるホップを収穫し小分けに冷凍されていた。

おやじも1袋いただき、今日はそれを使う予定だ。

上手に栽培すると、そこそこ収穫できることが分かった。

来年は、より多くの仲間に呼びかけたい。

どうやら今週末もお天気は今一つらしい。

Rio Piesで非日常を感じてみませんか。

美味しいミートパイと、渾身のおやじの手作りビールのウンチク、おまけにアメリカズカップのお話も。

脳に心地よい刺激を与えます。

 

 

ページ上部へ