ホーム>Rio Pies' Blog>2017年2月

2017年2月

2月も終わり

お世話になります。

今朝も、寒いがいいお天気。

先週末から、いいお天気が続いておりますな。

今朝も、鹿のワナは空振り。

だんだんと捕れる気がしなくなる。

楽しみが長く続くということで良しとする。

昨日は、大屋根に上って薪ストーブの煙突掃除をした。

手慣れたもんで1時間程度の作業が終わり、すこぶる燃焼状態が良くなった。

先週末は自転車のお客さんで大慌て、音もなく14名。

ちょうど店内もいっぱいで、おやじはひたすらタコ踊り状態。

昨日も自転車の常連のお客さん、ゆっくりと話ができ双方大満足。

くれぐれも、人数が増える場合は事前にご連絡いただけるとありがたい。

テイクアウトも、冷凍なら何とかなるが当日の焼きたてをごっそり持って行かれると・・・・・・・だ。

昨日は照準を合わせて、狙い撃ちされた感。

オーストラリア在住経験者の、おやじと同年代の男性。

自宅は東京、単身赴任で大阪に。

仕事の合間に立ち寄っていただいたが、おやじも久々に熱いトーク。

某大手のお掃除屋さんが始めた渋谷のミートパイ屋さんの話を切り出された。

手を加え過ぎの味は、期待する満足感はなかったとか。

これこれこの味と懐かしさに再会、職場の方のお土産に10個ご購入。

こういうパターンが、ミートパイ屋をやっていて最大の励みになる。

足跡帳も7冊、中には「オーストラリア政府から表彰してもらわなくては!」と。

まだまだ認知度の低いオーストラリアミートパイ、布教活動に心機一転がんばらねば。

はや2月も終わりだ。

鹿はいつ捕れる。

おまえをミートパイにしてやろうか。

 

 

 

 

春スイッチ

お世話になります。

今朝は、放射冷却でぐっと冷え込んだ。。

今は、きれいな青空が広がっておりますな。

お庭のジャンボタライには薄っすらと氷、じっと固まったイシガメがけな気だ。

鹿のワナは、今日も空振り。

開店前の一服、燻製箱の煙をチェックしながらの更新。

4時に起きて、ソミュール液に漬けこんでいた食材をキッチンペーパーで拭き取り扇風機掛け。

久々に気持ちのいい天気で、ちょこっと畑仕事をしなくてはという気持ちになる。

大根の畑も数本が残るだけ、今度は春大根のタネを蒔いてみよう。

すっかり心も春スイッチが入ってしまった。

今週末は、Rio  Piesでミートパイを食べて春スイッチを入れてみよう。

隠し夏スイッチもありますよ。

燻製箱できたよ

お世話になります。

今朝も曇り空、もう厳しい冷え込みはない。

早くも、週末モードに突入ですな。

今日にはS氏の燻製箱が完成し、火入れ式を行う予定。

明日・明後日とお店の玄関先でいよいよ稼働。

昨日は仲間が、里山に関してのシンポジウムのチラシを持ってきてくれた。

「流域のくらしと奥山・里山」のタイトルで3月4日にピアザ淡海のピアザホールで。

仲間はパネルディスカッションのコーディネーターも務める。

詳しくはhttp://satoyama.kenkyu.ryukoku.ac.jp/news/2017/02/2016-2.html

昨日は、たまごパックの簡易温室の発芽したトマトをポットに移し感慨深くしげしげと見入っていた。

新しいチャレンジも、なんとなく形になった。

是非、週末は新しいチャレンジも見に来てください。

パイ・フローターも大好評、楽しみが2重3重。

はい、それでは火入れ式をやってみませう。

 

トーキング・スティックあります

お世話になります。

夜中降っていた雨も止んだ。

お天気は、それほど回復も期待できずですな。

そう、昨日のキャンプファイヤーでおやじが楽しみにしているのはトーキング・スティック。

なんだ???・・・・・どうぞ調べてみてください。

この前、お店で行われた里山クラブのミーティングで掟となった。

実に素晴らしいシステム。

汚いヤジが飛ぶ国会にも導入せい。

キャンプファイヤーで車座に、トーキング・スティックを持って喋りだす・・・・・。

素晴らしい情景が目に浮かぶ。

おやじの今日は、まったりと店に入り浸る。

昨日始めた新しいチャレンジの作業に取り掛かる。

S氏の燻製箱も完成予定、見学できます。

カワイイ、トーキング・スティックもありますよ。

どうぞ、非日常を味わいに来てください。

美味しいミートパイは付録だな。

今朝も、鹿は獲れなかった。

鹿捕り物語は、まだまだ続く。

 

 

キャンプファイヤーやらんかね

お世話になります。

今朝も冷え込みがあったもの、日中はまずまず。

冬と春とが、せめぎ合いをしておりますな。

先週末も、自転車・バイクそして登山者と3拍子揃ってご来店。

季節がゆっくりと春にシフトしている。

おやじも、また歳をとってしまい仲間がプレゼントをくれた。

里山クラブの我らが親方、R氏が時計型ストーブを。

そしてS氏は本格的な燻製箱を、せっせと製作中だ。

先ほど出来栄えを確認、おやじもすっぽりと入ることができる。

最終的には、里山クラブの共有財産としてみんなで楽しむのだ。

今年のおやじのスローガンは「変化と成長」を掲げている。

昨日、またまた新しいチャレンジを始めた。

もう少し形になってからご報告。

鹿は獲れなくても、たまごパックの簡易温室のトマトは発芽した。

3月には、盛大にキャンプファイヤーを楽しもうと企んでいる。

火は薬じゃ、この火にあたらなければ春を迎えることはできない。

勇気を奮ってご参加ください。

鹿の丸焼き食べたいな。

 

 

 

桜のチップ要らんかね

お世話になります。

今夜もお店で、おやじの時間を楽しむ。

お店から見える湖南アルプスの稜線、お月さんが昇ってくる。

やけにぼってりとオレンジ色をしていますな。

何かを予感させる。

待ちに待った鹿がワナに掛かるような予感だ。

物事を甘く見るおやじは、ワナを仕掛けた翌日にはニンマリできると思い込んでいたが・・・・そうではなかった。

明日は、仕掛けてくれた仲間が赤外線のセンサーカメラを付けてみようと。

鹿捕り物語は続く。

毎週末に燻製をするので、今日は思い切って電動かんなで桜のチップ作りに精を出した。

ハンディタイプの電動かんなではなく、木工機械の小型自動かんな盤だ。

仲間から譲り受けた古いやつで、初めて使ってみた。

ボートビルダー時代にはよく使っていた機械なのでお手のもの。

テーブルソー、バンドソーなどこういう機械もののブレードには手を近づけないのが鉄則。

あっという間に指チョンパ。

桜のチップを袋詰めにして「美味しい燻製作れます」新しい商品の出来ました。

キッチンでも簡単に燻製は楽しめます。

ご興味の方は来店時におやじにお声がけください。

狙った鹿は逃がさない。

そう、獲物は逃がさないのだ。

桜のチップ要らんかね。

まずは燻製、次は手作りビールへと誘うのだ・・・・・・・・・・・へへっ。

桜の時期には手作りビールで乾杯ですな。

 

 

 

ビギナーズ・ラックならず

お世話になります。

週の始まり、晴天のスタート。

先週末は寒波到来で、お天気情報に振り回されましたな。

終わってみれば雪もそこそこ、日陰に残るも今日でとけてしまいそう。

週末のお客さん、初来店のお客さんには通常のミートパイセットをオススメ。

常連さんにはパイ・フローターを。

怪しげな色のスープに浮かぶ、ゆらゆらと見た目も楽しめる。

昨日は、鹿肉とイノシシ肉を持ち込み少人数のジビエ・パーティーも。

鹿は焼き、イノシシは鍋でおやじが腕をちょこっと振るった。

タイミングは重なるもので、里山クラブのメンバーがワナを仕掛けに来てくれた。

指導を受けながらお手伝い、初めてのワナ猟にときめく心。

夜中に何度も様子を見に行く、密かに期待していたものの。

ビギナーズ・ラックならず。

甘くなかった、もう少し気長に待つとする。

Rio Piesは外れがありません、ビギナーズ・ラックあります。

今週も張り切って行ってみよう。

 

 

 

気合のトマトのたね蒔き

お世話になります。

ずーっと、冬将軍が居座っておりますな。

そして、お店にはずーっと情熱ミートパイおやじが居座っている。

薪ストーブのおかげで快適すぎて、このままずーっと冬のままでいてほしいと思うこともある。

平日は、寒かったりお天気が悪いとお客さんの数はそれなり。

今日の遠方さんは、初来店のご夫婦が京都からお越しに。

オフロード・バイク乗りのご主人が自転車・バイク乗りのブログを見たのがきっかけだとか。

冬眠中の自転車・バイク乗りさん、どうぞパイ・フローター目がけてお越しください。

午後からは、たまごパックにトマトのたねを蒔いた。

たったの5粒を2種だけ。

上下を切り離さずに使うと、たまごパックは簡易的な温室になる。

薪ストーブの傍に置き、発芽するのを楽しみに待つとする。

明日も、たまごパックでローズマリーを挿し木してみる。

夕方には,ささっと手作りビールのボトリングを完了。

仕上げは、燻製のソミュール液作り。

薪ストーブに掛けて、ハーブのエキスを煮だすのだ。

そして、また病気がはじまりそうな。

養蜂だ。

少しづつ勉強していこう。

自家製の蜂蜜を想像して、舌なめずり。

毎日、こちょこちょと小さな楽しみを味わうおやじであった。

さあ、ミートパイを想像して舌なめずりしてごらん。

 

 

 

 

楽しみながら環境問題

お世話になります。

どうやら、お天気情報では今週は寒い一週間になるとか。

今回は、日付が変わって夜中の更新ですな。

今日は定休日ということで、夜更かししながら先週の出来事を思い浮かべる。

土曜日はお天気も良かったせいで、自転車・バイクのお客さんがご来店。

お店では、今年最初のi-Forest club のミーティングも無事終了。

メンバーとその家族が友情でつながるクラブを目指します。

おやじがプッシュしていることもあり、いよいよお店のお庭で鹿の罠猟の計画も具体化しそうな気配も。

日曜日は、一日冷たい雨が降っていた。

それでも、ありがたいことに大阪・東京からお客さん。

新メニューのパイ・フローターもまずまずの発進。

先週の閉店後にホームセンターに買い物に行った。

見てはいけないと思いつつ、足がそちらに向かい野菜のタネを購入。

九条太ねぎ、春大根に、トマトを2種。

薪ストーブのある温かなお店を利用しない手はない。

今週は、トマトのタネを数粒撒いてみよう。

おやじの頭の中は、ドライトマト・モードになっている。

食料自給率を上げるということは、環境への負荷も少ない。

増えすぎた動物たちによる獣害も深刻だ。

ありがたく、そして美味しく鹿を仲間と食べてみたい。

食べることは誰しもが関心が高い、この切り口から環境問題に目を向けるのも良い方法の一つ。

おやじは職業柄、食べることを通して関わりたい。

i-Forest clubでは楽しみながら、時代に流されるだけではなく高い志を持って活動していきます。

どうぞ、ご家族でご参加下さい。

ページ上部へ