空飛ぶミートパイ

お世話になります。

暖かった今朝が、まるで嘘のよう。

ぱちぱちと薪のはぜる音を聞きながら更新ですな。

とにかく週明けから暖かい日が続いた。

そのせいか、今週はいつもと違う感覚をおやじは味わった。

月曜日には三重から自転車で4人様ご来店。

おやじはボートビルダーとして三重で青春を捧げた。

その中の一人が、同じハンググライダーのクラブに所属していたことが判明。

おやじがニュージーランドへ行ってから活動されていたようでお互いが初面識だった。

それでも、共通する話題でしみじみと昔を思い出した。

火曜日の13日は特別な日、母親の命日でもありミートパイ屋を志してパン屋を開業した日。

この日もいい天気で、思い出に残る日にしようと免許書の更新に行ってきた。

ここで目にした、お婆ちゃんがお爺ちゃんの手を引いていた光景。

どうやらお爺ちゃんは目が悪いらしく、お婆ちゃんが「ようそれで、運転しとったなぁ」と。

更新するのか、返納するのか・・・・・・・事故を起こす前に・・・・・。

いつかは自分にもやって来るんだなと、ぼんやりと考えてしまった。

そう、いつかは終わりが来るんだと。

このブログにしても。

昨年から、こっそりとお店のミートパイが飛行機に乗って香港あたりで売られている。

先日某航空会社の系列会社から、成田空港のラウンジでミートパイを提供してみたいとメールを頂いた。

結果はご縁がなかった。

嬉しかったこと、悲しかったこと、悔しかったこと、全てを積み上げての今。

それにしても夢にも思わなかった空飛ぶミートパイ、フライングミートパイ。

お店ではスープに浮かぶミートパイ、フローティングミートパイが食べられますよ。

なんだかんだで情熱ミートパイ物語は、まだまだ続く。

まだまだ、パッチは脱げない。

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ