カタツムリ、スズメ、みんなどこへ行った

お世話になります。

梅雨とは程遠い爽やかな朝、そして一日でした。

せっかくのアジサイが、残念がっておりますな。

今日も、薪ストーブ仲間がせっせと薪の調達と薪割に一汗。

この努力なくして、冬の快適な空間を味わうことはできない。

夏を前に、もう冬が来るのを楽しみにしているおやじのボケ頭。

それでも、この時期にしか見ることができないホタルを楽しんでいる。

お店のお裏の川は、夏になれば近所の子供たちが水遊びが出来るほどきれいだ。

ホタルが生息できる水質がどんなものか知るところではないが、例年になく今年は多い。

逆に、めったに見なくなったように感じるのがカタツムリだ。

梅雨とくれば、アジサイにはカタツムリ。

ご年配のご夫婦、テラス席で奥さんが「でんでんむしがいる」と。

最近あまり見かけませんの話に、ご主人は「すずめも見んなあ」と。

外来種が増えたり、気候の変動で少しづつ生態系にも影響が出てきているのは皆さんもご存じのはず。

田上にひっそりと生息する情熱ミートパイおやじも絶滅危惧種だとか。

みんなでしっかりと、手厚い保護活動をしていきましょう。

毎年のように台風や豪雨で災害が発生しますが、今年は何もないことを祈りたいもの。

これからが、蒸し暑い梅雨本番の気候に突入します。

田上(たなかみ)でのんびりとした気分でゆっくりとミートパイを食べにお越しください。

Rio Piesへ行った。

なにかが、しみこんできた。

そんなお店にしてみたい。

 

 

 

ページ上部へ