気の毒なタヌキ

お世話になります。

珍しく、就寝前に更新。

週末は、冬将軍がやって来そうですな。

一昨日の朝、お店の玄関前の紅葉したもみじが最高の艶やかさを見せていた。

風も強かったせいか、昨日の夕方には見事にはげ坊主になってしまった。

今春、何度となくお店の庭に出没していた小動物。

全身が象の皮膚のようで、やせこけてヨロヨロと歩いていた。

それは、皮膚病におかされたタヌキだった。

その後姿を見せなくなったので、気の毒だが命を全うしたのだろうと思う。

一昨日、別の個体の同様のタヌキに遭遇。

子タヌキらしいが、下半身の毛が抜け落ち象の皮膚のようになっていた。

はげ坊主になったタヌキ、これから寒くなるのに辛かろう。

原因は可能性として人間にもあるらしいことも分かった。

鳥獣保護法とかありますが興味のある方は、動画「小狸を保護しました」を。

それでは、明日から3日間の週末営業よろしくお願い致します。

寒くなると一層ミートパイが、身も心も温めてくれますよ。

仕上げは、ぜんざいで。

 

 

ページ上部へ