裏世界の情熱ミートパイおやじ

お世話になります。

お天気情報の通り、晴れの一日。

心の準備をしていたほど、気温も上がらず。

心の準備をしていなかった昨日の悲劇、ガックシは続いていますな。

今日のご遠方さんは大阪は堺から遠路はるばる。

ネットでもお取り寄せいただいた岐阜からのお客さんもご来店。

ガックシの原因もお分かりで、畑の惨状をご覧いただきました。

ご実家も畑をされているので、この打撃を十分ご理解いただけました。

その後は、ミートパイ談義で大いに盛り上がりました。

ありがとうございました・・・・・大変慰められました。

もっと、もっと慰められたいおやじです。

どうぞ、もっともっとご来店ください。

それにしても、憎い鹿。

昨夜は思わず、ユーチューブで鹿の猟やら解体を見てしまいました。

何とか捕まえてミートパイにしてしまいたいと。

特に解体の映像には見入ってしまいました。

単なるグロと見てしまえばそれで終わりです。

ところが、解説しながらサバク映像は芸術性さえ感じられました。

サバク部位により、ナイフの種類を使い分けていたところも非常に感動しました。

肉を食べるとか生きていくためにはこういう過程があるのだと痛感。

世の中で表に出ることは裏の世界です。

おやじも、どちらかというとまだまだ世間的には認められていないオーストラリア・ミートパイという

裏の世界をさまよっている。

早く表に出たいのだが、時間が解決してくれるしかない。

裏世界の情熱ミートパイおやじは、今夜もちょっとだけ漂流してみようかな。

 

 

 

 

 

ページ上部へ