お盆とアメリカスカップ

お世話になります。

カラッと乾いた暑さの一日。

朝夕はヒグラシ、日中はツクツクボーシが例のリズムを奏でている。

今日は、ほぼ大津市内からのお客さん。

渋滞に巻き込まれるのを避けて、ご遠方さんは少なかったですな。

それでも大阪からリピーターさんが、ご両親を連れてご来店。

もちろん、オーストラリア在住経験者。

今日は初めての、お父さんに足跡帳を手渡した。

信楽経由でお越しだが、土地勘がないせいか「ここはどこ?」とありました。

お店は大津市南部の田上(たなかみ)というところにあります、お忘れなく。

閉店後、あまりの気持ちよさにマウンテンバイクでお山にGO。

お店の裏の天神川沿いを登っていく。

河原には、テントを張ってBBQのグループで賑わっている。

ゴミは持て返ってね、おやじの心が少しだけ叫んでいた。

適当なところでUターン、あとはぶっ飛ぶのみ。

風を切って、お店へ直行。

風を切ると言えば、ヨットではないか。

次回アメリカスカップはバミューダで行われる。

バミューダと聞けばおやじの年代はバミューダ・トライアングル。

不可思議な海難事故が多く、魔の海域として恐れられていたことを思い出す。

そうさ、ニッポンのシンジケートが挑戦するのさ!

チームではないシンジケートと呼ぶあたり、スケールが大きい。

昔、日本がチャレンジしていた頃の懐かしい雰囲気を味わってください。

ヨット用語で、強い風のところや強い風が来ることをブローと呼びます。

はい、それでは山下〇郎でBLOWとともに・・・・・・・。

https://www.youtube.com/watch?v=kDcy-iQ3AmM 艇長はニュージーランド人です。

おやじのこだわり、スポーツイベントの最高峰アメリカスカップ。

オリンピックは国別対抗の運動会、オリンピックより歴史の古いアメリカスカップはスゴイ!

昔はモノハル(船体が一つ)だったが、現在は双胴船でボートスピードが半端ない。

おやじの若かりし夢、アメリカスカッパ―の建造クルーになりたかったこと。

そろそろ、漂流タイム。

ご先祖様、今日も無事営業することが出来ました。

 

 

 

 

 

ページ上部へ