年内にミートパイ食べとこ

お世話になります。

暖かい曇り空の一日。

この時期どう考えても暖か過ぎる。

頭の中では、温暖化・手遅れ・温暖化・手遅れが繰り返しますな。

今年も残すところ半月、月曜とあってのんびりしていたが不意打ちを食らった。

珍しく、今日は初来店のお客さんばかりでした。

年内にミートパイを食べなきゃと思われるのか。

焼き上がりを30程度お待ち頂き、10個お持ち帰り。

マダムとは焼き上がるまでの間、店内でホッコリとお話しさせて頂いた。

持ち寄りの女子会にミートパイを持参されるとやら。

次は,どデカいバイクで愛知からお越しを。

ちょっとだけ見覚えのあるバイクで、メードインUSAのホンダだ。

2ヶ月程前にも、同様のバイクでお越しのオーナーさんからバックギアが付いていることを教わっていた。

得意なふりをして、今日のお客さんにもバックギアが付いているんでしょと知ったかぶりを。

知ったかぶりは空ぶりに終わった、18年物の初期モデルにはまだ搭載されていなかった。

それにしても、1,500CCはすごい迫力だった。

登山帰りの一人の男性がひょこっと来店、さすがにパタゴニア・ノースフェースでギヤを決めている。

家族を北海道に残して、単身赴任で京都にお住まいとか。

ようこそ湖南アルプスへ。

つい先日ノースフェースの創設者が、カヤック事故で命を落とされたこともご存知。

アウトドアでのスポーツはいつでも命が懸かっている、おやじは十分承知している。

甘く見てはいけないのだ。

その方はオーストラリア・ニュージーランドの旅行の経験もおありでミートパイも現地で食べられたとか。

話の焦点がかみ合っていたので、おやじも心地よくお話しできた。

バス電車ということもあり、手作りビールの試飲と軽く手作りビールのウンチクもご披露。

下山後の想定外のお店との出会いに大満足されお帰りに。

その後も、知り合いに勧められてと数組お越し頂きました。

なんだかんだ言っても今年も半月、今年もおやじ流にミートパイの布教活動に精を出してきました。

ドカーンっといきませんが、お取り寄せのお客さんも、お店へお越しのお客さんもわずかですが増えました。

改めて、お客さんに支えられているおやじであります。

ありがとうございます。

この土日にも、モルト缶買いのお客さんも数組。

寒くなったこの時期も、それぞれに温度管理を工夫されスキルアップされたことも本当に喜ばしいことです。

自分が作って自分が消費する、地産地消を超える自産自消のエコビール。

これを飲むと、ちょっとした意識改革ができますよ。

とりあえず、年内にミートパイを食べると良い事ありそうです。

ない場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ