定休日前夜は男の時間

お世話になります。

珍しく、本日2度目の書き込みですな。

明日は定休日なので、もう一度お店へ。

夜更かしするのだ。

真っ暗の店内、ちょこんと薪ストーブの前に陣取って炎を見つめる。

情熱ミートパイおやじXX歳、男の時間。

男の時間には、手作りビールがピタッと決まる。

こういう場面は、おやじじゃなくてもたいていの人ならピッタッと決まる。

とりあえず明日の朝は、ちょっとだけ寝坊することに。

朝ごはんは、薪ストーブで一人焼き芋だ。

明日は、ホップの地下茎を掘り上げて様子を見ることに。

うまく分けることが出来れば、収穫量も増やせる。

ニヤニヤしながら取らぬ狸の皮算用。

あっという間に桜が咲いて、あっという間に暑い暑い夏がやって来る。

おいしいビールを飲むため、皮算用にならぬよう計画的に。

男の時間はまだまだ続く。

炎に魂が吸い取られ、睡魔が襲うまで。

 

 

 

 

 

ページ上部へ