山あり谷ありミートパイあり

お世話になります。

寒いね、冷えますねが挨拶になっている。

本当の寒さは年明け後からですな。

お店のお庭のジャンボタライにはイシガメのつがいが死んだようにじっとしている。

今年生まれた子ガメたちはお店の中で春を待つことに。

今夜も、ほっこりと薪ストーブのお店で寛ぐとする。

草木も眠る丑三つ時に奴らは現れる。

今週は2回目撃。

鹿だ。

来年こそは鹿肉のミートパイを作りたい。

今年は人生初、梅干しと沢庵に挑戦したので良しとしよう。

月曜日に漬けたばかりの沢庵の桶を、水が上がるのを待ち遠しく毎日覗いている。

朝覗き、お昼に覗き、夕方に覗く、幸福度120%のおやじ。

また、この辺でアメリカズカップのお話。

お店には、過去のニュージーランドチームのキャップとオーストラリアチームのジャージを展示している。

アクシデントのOne Australia、ショッキング度は120%だ。https://www.youtube.com/watch?v=8Yau9A7XDHs

マストは簡単に説明すると前後左右のワイヤーで固定されている。

十分な強度で設計されたカーボンの船体、それ以上の力が掛かり船体はへし折れ沈んでいった。

アメリカズカップのクルーに選ばれるだけで120%の幸福度だ。

おやじは、One Australiaのジャージを見てふと思い返す。

人生は山あり谷あり、これに尽きる。

とりあえず、明日の朝も桶を覘いてみよう。

週末はどうぞ、山あり谷ありミートパイあり。

 

ページ上部へ