桜のチップ要らんかね

お世話になります。

今夜もお店で、おやじの時間を楽しむ。

お店から見える湖南アルプスの稜線、お月さんが昇ってくる。

やけにぼってりとオレンジ色をしていますな。

何かを予感させる。

待ちに待った鹿がワナに掛かるような予感だ。

物事を甘く見るおやじは、ワナを仕掛けた翌日にはニンマリできると思い込んでいたが・・・・そうではなかった。

明日は、仕掛けてくれた仲間が赤外線のセンサーカメラを付けてみようと。

鹿捕り物語は続く。

毎週末に燻製をするので、今日は思い切って電動かんなで桜のチップ作りに精を出した。

ハンディタイプの電動かんなではなく、木工機械の小型自動かんな盤だ。

仲間から譲り受けた古いやつで、初めて使ってみた。

ボートビルダー時代にはよく使っていた機械なのでお手のもの。

テーブルソー、バンドソーなどこういう機械もののブレードには手を近づけないのが鉄則。

あっという間に指チョンパ。

桜のチップを袋詰めにして「美味しい燻製作れます」新しい商品の出来ました。

キッチンでも簡単に燻製は楽しめます。

ご興味の方は来店時におやじにお声がけください。

狙った鹿は逃がさない。

そう、獲物は逃がさないのだ。

桜のチップ要らんかね。

まずは燻製、次は手作りビールへと誘うのだ・・・・・・・・・・・へへっ。

桜の時期には手作りビールで乾杯ですな。

 

 

 

ページ上部へ