西日が

お世話になります。

一段と日差しが力強くなった。

夕方には、西日がお店に突き刺さっていた。

大阪からご年配のご夫婦がご来店。

昨日はオーストラリアがらみのご夫婦。

今日はニュージーランドがらみ。

その大阪のご夫婦のご主人の大学時代の友人がニュージーランドでコミュニティーラジオ局のDJをしているという。

おやじが住んでいたのは、もう四半世紀前のお話。

時の流れを、しみじみ感じますな。

その25年の月日が繋がったアンビリバボーなお話。

昨年中途で終わったまま。

そう四半世紀前に、クライストチャーチ一番の新聞の一面にデカデカとおやじの写真が掲載されたところから始まる。

まさかと思える昨年の偶然の出会い。

再現ドラマにしなくては・・・・・・。

Rio PiesTVで一人芝居をしていると、次の企画を思い浮かべてしまう。

先ずは、さっさとスタウトの瓶詰め作業のビデオ編集をせねば。

アンビリバボーなお話のネタありますけど。

西日がいい塩梅でスポットライト。

ページ上部へ