素朴な疑問とミートパイ

お世話になります。

明日は定休日、夜更かしモードでこのブログを書き終わる頃は日が変わります。

今日は朝のうちはちょっとだけ青空、のち曇り。

まだまだ、地元でも知名度の低いお店です。

なんたって、オーストラリアンミートパイですから。

お昼には、ご近所さんから初来店頂きました。

素直に嬉しいですな。

ママ友と小さな子供たち、瞬間にお店は賑やかになります。

ミートパイの焼き上がるまでに、いつものモルト缶をまとめ買いされる常連さんも。

とにかく凄いペースで作られています。

基本的な作り方は決まっていますが、小さな手順の違いがあるのが面白い。

焼き上がったミートパイも持ち帰り頂きました。

お陰様で、歳のわりには髪の毛はふさふさです。

何故、髪の毛は前から禿げあがっていくのかと素朴な疑問。

後頭部から禿げあがらないわけがあるはず。

晩御飯の時の家族の会話です。

おやじは20年も前から、素朴になぜオーストラリアンミートパイが日本にはないんだろうと思っていました。

素朴な疑問の裏には未知の世界が待っている。

未知の世界をさまよい続けるおやじ。

リンゴはなぜ落ちるのだろう。

この域に達せるようなら、ミートパイ御殿が建っている。

 

 

 

ページ上部へ