コンテンツ

ミートパイとの出会い

image

はじめまして、Rio Pies代表の上月晋吾(こうづき しんご)です。
優しい透明感のある空気に包まれたニューージーランド、そしてオーストラリアにはパワーがみなぎっています。ユーモアにあふれ、どこまでも気さくで明るい人々。ゆったりと流れる時間。そんな2つの国が私は大好きです。ニュージーランド・オーストラリアの在住経験で、私の心と体には何かがしみこみました。ミートパイとの出会いは、もちろんニュージーランド・オーストラリアへ行ってからのことです。日本でヨットを造る仕事に携わっていた関連で、向こうでもヨットの造船所で働くことになりました。

ヨットレースの最高峰アメリカズ・カップ。

image

オーストラリア・ニュージーランドはどちらもカップを手にしたことのあるヨット王国です。それを支えた一つに、カーボン繊維・アラミド繊維(ケブラー)を使ったハイテクのレース艇を建造する世界でもトップレベルの技術がありました。そんな中で仕事できたことは、ボートビルダーとして貴重な体験であり、私の財産となっています。手を使って物をコツコツと作る仕事にこだわる性分は、今尚ミートパイ作りとして続いています。ミートパイは、たまに職場で食べるランチとして、ただお腹を満たすだけのものでした。特別、口に合わないわけでもなく、安くて簡単に手に入る都合の良い食べ物です。ですから、ハマッテしまうというところまではいきませんでした。

 揚げたてのボリュームたっぷりのフィッシュ&チップスにも随分お世話になったものです。そして、ミートパイが日本のおにぎり、アメリカのハンバーガーような国民食であるという存在を知りました。ミートパイに日増しに取り付かれるようになったのは、日本に帰って来てからのことです。突然、ふと「ミートパイ食べたいな~」と頭をよぎりますが、そう思った瞬間と同時にミートパイのことは頭の中から消えています。そんなことが10年近くも幾度となく繰り返しました。焼きたてパンのお店に入るなり無意識の内にミートパイを探していたこともありました。残念ながら定番としてミートパイをおいてあるパン屋さんはありません。パイと言えば、アップルパイをはじめとするスイーツ系のものばかりです。

 

ページ上部へ